スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
畑大好きIさん
2007年06月06日 (水) | 編集 |
20070606081018
私の大好きな利用者さんの話を。
今日の訪問リハビリは看護学生さんも同行。1週間づつ学生さんが訪看ステーション実習に来ている。
「夫とのお二人暮らしで~、90近い高齢で~、昔は農家で畑をしてたんやけど、今は娘さんがやってて~」と利用者情報をしゃべりながらIさんの駐車場兼庭に着く。
※以下敬語略※
学生さん:「あの畑にいる方は誰ですか?」
私:「ん?どれどれ娘さんかな?」って・・・・・「えぇっ?!Iさん!」
慌てて車を停めて畑まで飛んでいく
私:「どうしたの?!転んでない?大丈夫?」
Iさん:「そろそろリハビリの先生来ると思って・・・」
Iさん:「摘みたてがおいしいから、ほうれん草持って帰り~」と・・・
畑の隅にはほうれん草がいっぱい積んであった。本人はニコニコと満足そう。
鎌を預かり、そっからしばし農業リハビリならぬ刈り入れ作業を手伝う
私:「一人では危ないから、私来たときに一緒にやろうよ~
Iさん:「大丈夫よ~何かあったらリハビリの先生に治してもらうし
私:「転んでもよう治さんよ」 

畑はIさんの生きがい。この地域はほぼ8割が農家の利用者さん。それ以外の2割は学校の先生や警察、役所などの公務員。そのために屋外歩行訓練を兼ねて畑に出て行って収穫したり、裏山の花を眺めたりすることが多い。このIさんも畑いじりが大好き。でも土は良い土だからフカフカで、しっかりウネも作ってあって、もちろん手すりなんか付いてない。しかもIさんはようやく自宅内つたい歩きレベル。畑から帰る時もようやく私が支えて家に帰る。

私:「ほんとどうやって畑まで行けたか不思議だよっ
と手を引きながら言うと、
Iさん:「ゆぅ先生に食べてもらいたい一心で頑張っちゃった
私:「そっかぁ~。ありがとね~」と思わず笑顔。
Iさん:「そんな喜んでくれたら今度も頑張れちゃうよ~
私:「期待しないで待ってるよぉ
   って・・・   

私:「ん???だから一人ではダメだってぇ~
Iさん:「あら、引っかかんないのね」と笑う。
ついつい乗せられるとこでした
コメント
この記事へのコメント
ほのぼのですねぇ・・・
 お邪魔します。遊びに来てしまいました。患者様(利用者様)の生きがいには僕も常々、驚かされることがあります。ほんとに『どうやって?』と思うことをやってのけてしまう患者様がいるんですよね・・・きっとIさんは本当に新鮮なホウレンソウをゆぅさんに渡したい一心で畑に出たんでしょうね。僕らはついつい、転倒のリスクを考えてしまいますが、利用者さんの生きがいを精一杯やらせてあげたいとジレンマに陥る毎日です。患者様が精一杯、生きがいに打ち込めるようフィジカルに、メンタルにサポートできるPTになりたいものです。長々としたコメント失礼しました。またお邪魔させていただきますm(__)m
2007/06/08(Fri) 06:53 | URL  | metaboPT #-[ 編集]
metaboPTさんへ
訪問ありがとうございます。私もその方の生活を預かる立場として、リスクの事をどうしても考えてしまいます。どこまでを許可していいか・・・というジレンマ、私も日々悩まされています。またお邪魔させていただきますね。
2007/06/08(Fri) 19:45 | URL  | ゆぅ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。